敗走者の祭

アクセスカウンタ

zoom RSS キトラ

<<   作成日時 : 2010/05/27 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

俺の考古学魂が火を噴くぜ!!!





・・・





     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *



どうも、こんばんは。 qasです。

本日は、飛鳥資料館「キトラ古墳壁画『四神』特別公開」に行ってきました。
特に私の考古学魂が目覚めた訳ではなく、母親について行っただけです。
平日の午前中という事も有って館内は空いておりゆっくりと見学することができました。
今回初展示の朱雀の壁画を初め四神の壁画を一度に全部見れたのは非常に良かったです。
思ったより壁画は小さかったです。 お墓の壁に描かれていたものなのでそのぐらいなのかもしれませんね。

見学を終えて博物館を出ると修学旅行生が大漁に来ていたのでもし観に行くなら午前中がお奨めかもしれません。

画像

鹿男にも出ていたらしい、橿原考古学研究所附属博物館にも行ったのですが有料展示スペースには入りませんでした。

だって入場料高かったんだもん。

その代わりハニワストラップ買いました。
後日写真貼りたいと思います。


それでは今回はこの辺りで失礼します。

ドローイングやってるんですが今ひとつ効果が感じられません。
イラスト中心に変えるべきなのかしら・・・。

『探していたあの曲』

昼ドラ観てるとよくCMを観ます。
ニキビが気になるような年頃の子はこれ買うほどお金がないと思うのは私だけだろうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 橿原で開催中の「大唐皇帝陵展」がまた素晴らしい内容の特別展でした。玄宗皇帝の兄李憲の恵陵から出土した跪拝俑や哀冊のほか、李スイ墓出土の金工技術の粋を尽くした銀器や銅器など、華やかな唐の文物を身近に見ることが出来ました。西安の歴史博物館でも見ることは出来ないものだそうです。キトラ古墳と、李憲が眠る恵陵の青龍と白虎を比べると、本場中国のスケールの大きさに圧倒されます。なお、25歳の若さで亡くなった李スイ墓は未盗掘でしたが、朱書きの珍しい墓誌が出土しています。因みに李スイには産着を着た赤ちゃんがいたそうですが、産後のひだちが悪かったのでしょうか。
 唐代史はもちろん唐墓に埋葬された人物の生きた背景など、本当に大唐帝国の高い文化を感じることが出来る展示でした。これは必見ですよ。
ebisu321
2010/05/31 21:47
気合の入ったコメントありがとうございます。

確かに壁画の絵は額縁に収まるぐらいの大きさしかなく少し期待しすぎた感がありましたね。
壁画の他には韓国で出土した、朱雀の杯なども展示されていました。

今の奈良は、平城遷都1300年祭だけあって気合が入ってますね。
また、機会があれば観に行ってみたいです。

鹿も見てないし・・・。
qas
2010/06/02 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

熱烈支援中

『ゆゆ式』
アニメBD買ったが
プレイヤーが無い

ななドラ


最近読んでる物

『干物妹!うまるちゃん』
『囚人リク』
『まるくすタン』
キトラ 敗走者の祭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる